インプラントは長持ち

インプラント治療を控除

トップ / インプラント治療を控除

インプラントの寿命とは

インプラントというのは、顎の骨を削って、人工歯根を埋め込み、しばらく定着させてから、自分に合った人工歯を作ってもらい、その歯を入れるような治療法のなります。通常の歯科治療に比べて、かなり高額の費用がかかるので、躊躇する人も多いのですが、一度治療をするとぐらつきもなく、美味しく食べ物を食べられるというメリットがあります。費用はかかるのですが、通常の寿命としては10年程度は持つといわれているので価値があると考える人も多いようです。また、メンテナンスで半永久的なので、インプラントはとてもよい治療法です。

インプラントで失敗しないために事前に詳しい情報をチェック!
気になる料金と治療方法を詳しく紹介しています。保険診療や自費診療も問わ合わせできますよ。

インプラントの材料とは

インプラントの治療で材料として使われている材質はいくつかあるのですが、ほとんどがチタンになります。この治療の中で欠かせないといわれる材質であるチタンでは、強度が高く、アレルギーも起こりにくく、腐食しにくいといわれています。また、骨との結合がしっかりできるために、定着しやすい素材でもあります。ですから、純度の高いチタンを使うことが多いのです。また、場合によってはチタン合金やチタン、ニッケル合金などを使うこともあります。インプラントは、人間の口内の健康を保ち、毎日の食生活に欠かせないものでもあります。

インプラントの固定法情報