インプラントの素材

進化するインプラント

トップ / 進化するインプラント

インプラントの人工歯について

歯科治療において、あごの骨に埋め込まれるインプラント本体はチタンなどの生体親和性の高いものが使用されますが、上部の人工歯の部分は、金などの金属やセラミックなどが使用されます。セラミックは、自分の歯と同じようなきれいな色調を再現でき、変色することもほとんどありません。金属を使用するゴールドクラウンに比べ材質的に割れやすいのですが、内面にジルコニアや金属を使用することによりそうした欠点もなくなります。金属を使用しなければ金属アレルギーの人も使用可能であり、費用はやや高めとなりますが、近年のインプラント治療の主流になりつつあります。

インプラントの構造について

インプラントは、歯に似せて作られた人工歯と、顎の骨に人工歯を固定するためのフィクスチャー、これら2つを連結するためのアバットメントの3つの部品で構成されています。人工歯は、より美しく、自然な外観となるように研究開発が進められ、現在ではセラミックを素材としたものが主流となっています。この素材は透明感のある白さを持ち、本物の歯に近い質感となっている点や、比較的高い強度を持つ点、精密な加工がしやすい点などが特徴となっています。最も一般的なインプラントでは、金属のフレームにセラミックを吹き付けた設計となっていますが、金属アレルギーを持つ人のために金属を一切使わない設計となっているタイプや、プラスチックと配合したものを使用するタイプなど、様々なタイプがあります。

インプラントの固定法情報