インプラントのリスク

インプラントが必要なとき

トップ / インプラントが必要なとき

インプラントの治療方法

顎の骨に人工の歯根を埋め込んで結合させるのがインプラントです。骨の移植手術なので治療費は高いですが、最近では選択する人も増えています。実はインプラントには1回法と2回法があります。これは手術の回数です。1回法の方が身体への負担は少ないですが、骨が充分にある必要がある、感染のリスクがあるなどのデメリットが、2回法は手術を2回行うので身体への負担が大きいですが、歯肉を閉じてしっかりと治癒期間を待つため感染のリスクが低い、ほとんどすべてのケースで適用できるなどのメリットがあります。

インプラント 徳島で有名な医院はこちらです。
顎の骨が少なくても治療が可能なようです。料金や治療方法もこちらで確認できます。治療実績豊富で、安心の治療が出来ます。

インプラント治療後の管理

インプラント治療でどのくらいもつか心配されている方も多いでしょう。治療前の歯や顎の骨の状態、治療後のお手入れや定期健診をきちんと行っているかなどによって、維持できる期間は異なり、一概には言えないようです。しかし、トラブルは人工歯根の埋入手術後1年以内に起こることが多く、埋入手術から3年間安定して経過していれば、インプラントは、15年以上は維持できるとも言われています。また、多くの歯科医院では治療後の保証期間が設けられています。

インプラント 板橋患者さんの事を考えた医院です。
子供さんがいて中々治療に通えに主婦でも、保育士常駐の保育士がいるので安心して通えるクリニックです。

インプラントの固定法情報