インプラントの固定

インプラント固定の仕方

トップ

インプラントの固定法について

インプラントは3つの構造に分かれています。骨に埋める「本体」とその上に被さる「人工歯」、及び両者を繋ぐ「アバットメント」です。人工歯をアバットメントに固定するには、スクリューと呼ばれるネジを使用する方法と、接着剤としてセメントを使用する2つの方法があります。このインプラント治療法はそれぞれにメリットとデメリットがあり、ネジ式のメリットは術後の周囲炎を起こさず、修理が簡単なことです。デメリットはネジ山が人口歯の表面から見えるため、見た目が良くないことと、コストが高いことです。接着剤を利用する方法のメリットは見た目がよく、噛み合わせの調整がしやすいことと費用が安いことで、デメリットは、接着剤のセメントの取残しが術後の周囲炎の原因になることと、修理に費用や時間がかかることです。

セメント固定のメリット

インプラントの被せ物を固定する方法としては、「セメント固定」と「スクリュー固定」の2種類があります。スクリュー固定では、しっかりと土台に被せ物を固定できるメリットがありますが、その一方で、被せ物の表面にねじ山が露出してしまい、不自然な見た目になってしまうことから、前歯などに使用するのは難しいという欠点がありました。それに対し、セメント固定方式のインプラントでは、自然な外観を保ったまま被せ物を固定できるほか、表面にねじ山がないため噛み合わせへの影響が少なく、精密な噛み合わせの調整が行える点が最大のメリットとなっています。

インプラントの固定法情報